ニコカテぶろぐ

感性を信じる学習塾経営者のつぶやき

文京区千石、北区西ケ原にて小学生、中学生、高校生を対象とした学習塾を運営しています。
塾で使用している備品、参考書のご紹介(楽天ROOM)→ https://room.rakuten.co.jp/room_a18d4912d7/items

この時期にすべきこと

 

学習塾にとって、「受験」が特別なものになってはいけない。

指導というのは、日々の積み重ねであり、1問1問の積み重ねである。

1問でも生徒の理解が浅いままにしておくと、それが常態化してしまう。

小学校や中学校の勉強で浅い思考のままに勉強をやり過ごしてしまうと、

後々に取り返しのつかないことになってしまう。

1問の理解を重視することで、それが積み重なり飛躍的に学力が向上していく。

それをサポートするのが学習塾の役割だ。

 

では、教える側の人間はどうなのだろうか。

目の前にある問題に対して、深い思考をすることなく、適当にやり過ごしてしまってはいけない。

深い思考のもとに判断、実行していかなくてはならない。

学習塾運営者にとって、最も時間の余裕があるこの時期に何をすべきなのか、

考えて行動したい。